So-net無料ブログ作成
検索選択

気象予報士は気象伝言士なのかな? [時事/社会]

2016.10.14

某国営放送で気になっていること。

毎朝4時に起きてチャンネル1の天気予報を見るようにしている。

仕事柄、何を着ていくか、カッパを持って行くか、昼飯は屋根のあるところか等が気になるからである。

もちろん雨風が確実に強く予想される時は仕事が中止になることが多いのだが・・・。

たまに風雨が強くても仕事があることがある。

でも、チャンネル1の天気予報には、気になることがある。

「今日の午後は雨風が強く『なりそうです』」  と言う場合 と

 「今日の午後は雨風が強く『なるそうです』」 と言う場合がある。

予報士でなくても、普通の人だったらこの二つの言葉の意味の違いはわかるはずだと思う。 

 思わず「自分の言葉で言えよ」と突っ込みを入れてしまうこともたびたびである。

予報が外れても、あんたを訴えたりしないから、自分の言葉/考えで言ってよね、と思っちゃうね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。